自社ECサイト解析(GoogleAnalytics)

公開日:

ショップサーブでECサイトを作ったら必ず設定しておきたいEコマーストラッキング

ショップサーブで自社ECサイトを構築したら必ず設定しておきたいのがGoogleAnalytisのEコマーストラッキングです。

売上増加のためには、解析により、課題の解析と施策、改善を行っていく必要があります。

 

購買行動の分析ができるEコマーストラッキング

GoogleアナリティクスのEコマーストラッキングはGoolgeアナリティクスの分析機能に加えて、ECサイトの購入行動の分析ができる機能です。
具体的には以下のような情報が分析できるようになります。

  • ・商品情報や購入(トランザクション)に関する情報
  • ・平均注文額
  • ・Eコマースのコンバージョン率
  • ・購入までの日数

ショップサーブの機能でも購買に関するレポートは見ることができますが、お客様の行動と購買情報を紐付けてみるにはGoogleアナリティクスのEコマーストラッキングを利用するのが最適です。

本記事ではそんな便利なEコマーストラッキングの設定方法を説明します。
事前にGoogleアナリティクスのアカウントは取得済みのものとして解説していきます。

ショップサーブでの設定方法

1)まずはショップサーブ管理画面にログインし、【集客・運用】メニューをクリック
001

2)左側のサイドメニューから「外部アクセス解析ツール」の「アクセス集計タグ設定」をクリック
002

3)「Google AnalyticsウェブプロパティIDの設定」の「ウェブプロパティID」欄にGoogleアナリティクスから取得したウェブプロパティIDを入力して保存します。
003

Googleアナリティクスの設定

ショップサーブでの設定が終わったらGoogleアナリティクスの管理画面でEコマーストラッキングの設定を行います。

4)Googleアナリティクスにログイン後、「アナリティクス設定」をクリック
004
5)Eコマーストラッキングを利用したい「ビュー」の「eコマースの設定」をクリック
005
6)「eコマースを有効にします」の下に表示されるステータスを オン にします
006

レポートを確認する

ショップサーブの場合は商品購入完了時などに自動的にEコマーストラッキングのタグを設定してくれますので、設定はたったこれだけです。
あとはデータが反映されると以下のようにレポートが閲覧可能になります。

Googleアナリティクスのレポート画面にて「コンバージョン」→「eコマース」から各レポートを確認できます。

007

まとめ

ショップサーブを利用すると簡単にGoogleアナリティクスや、Eコマーストラッキングの設定ができるので使わない理由はありません。
サイト内の行動や、流入元によるコンバージョン率などショップ運営に必要な情報がもりだくさんの機能ですので是非活用してみてください。

ECコンサル_GoogleAnalytics

 

 

JSコンサルティングでは、ECコンサルのサービスを行っております。
無料プランもありますで、お気軽にお問い合わせください。

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報