ネットショップ運営代行

公開日:

ネットショップの運営代行と担当者採用どちらを選ぶ?

ネットショップの売上拡大や出店するモールの増加によって、人手が足りなくなり、担当者の採用やネットショップ運営代行サービスを検討されている方も多いのではないでしょうか。

数年前のYahooショッピングの出店無料化あたりから、市場全体で1社で複数サイトの運営も増えてきており、このあたりの検討の機会も増加していると想定されます。
今回は担当者を採用するべきか、運営代行サービスを活用するべきかの判断をされるために必要な情報をまとめてみました。参考にしていただければ幸いです。

ネットショップ担当者の採用の難しさ

ネットショップだけではないですが、採用に関して売り手市場となっており、即戦力人材の採用は難しくなっているのではないでしょうか。特に、採用市場の中でネットショップの運営経験者の割合は多くなく、まず採用につなげていくことが大変です。
また、採用してもネットショップの運営が人おとりできる人材は少なく、「楽天の○○なら経験あるが、他は初めて」「自社ECはやっていたがモールは初めて」など、戦力化までの時間はそれなりにかかります。
人手が足りなくて採用を行っているため、育成に多くの時間もかけることができずということもおきがちです。

そのため、採用に関しては先を見越してある程度早めに行い、育成期間を考慮するなどが必要になってくるのではないでしょうか。

運営代行の担当採用と比較したメリットデメリット

運営代行サービスのメリットはシンプルで、下記です。

・即戦力人材が運営をすぐに開始することが可能。それにより、採用コストや育成期間時間削減が可能。
・運営代行サービス側に、すでにノウハウがあるケースが大きく、知らないノウハウのインプットにかける時間削減が可能。
・繁忙期や各種キャンペーンなどの突発対応にも柔軟に対応が可能で売上増加の機会損失の削減が可能。

これだけ見ると、採用よりも運営代行サービスの方がいい点しかないように思えますが、運営代行サービスのリスクやデメリットとしては下記となります。
デメリットやリスクとしては下記です。
・社内にノウハウが蓄積しづらい
・1年後や2年後などの一定期間後で比較すると、運営代行サービスに外注する領域によっては、採用を行うよりはコスト高になる可能性がある

まとめ

売り手市場の中で無理して採用をするよりは、運営代行サービスを活用することをおすすめします。
運営代行サービスを活用し、売上が伸びて来たタイミングで採用の強化をはかり、運営代行サービスを検討するのも一つでしょう。

もちろん、ネットショップの運営状況によってメリットやデメリット、リスクは変化しまので、自社の状況からどちらが得なのかを短期・中長期の両方の視点で検討してみましょう。
JSコンサルティングでは、月10万円からの運営代行サービスを行っております。
お気軽にお問い合わせください。

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報