ヤフーショッピングコンサルノウハウの記事一覧

2014/10/08

出店するときのデザインの制作会社選び

楽天やヤフーショッピングなどのモールにおいても、自社ECサイトにおいてもサイトのデザイン・コーディング作業は必要です。 ECコンサルとして入らせていただくと、悪徳な業者から多額の見積もりがきており、それで出店の外注を行ってしまうというケースが少なくありません。 市場の相場の理解と、売上を上げるために必要な要素の重要度などをしっかりと把握したうえでECサイトの制作会社を選択しましょう。 ECサイトデザインの相場 どれだけデザインを作りこむかにもよりますが、自社ECサイトであれば、ショップサーブやmakeshopなど内のサービスを使うと、10万円以下でデザイン・コーディングまでやってく...

2014/10/08

楽天などのECサイトの回遊施策

ユーザーのアクセスは検索結果から商品ページ 楽天やヤフーショッピングなどのモールにおいても、自社サイトでも、検索結果から商品ページのアクセスが非常に多く、ユーザーが訪問する初めてのページの多くは商品ページです。 この時、ユーザーは楽天であれば楽天の検索結果から選択しており、その検索結果内の1商品をクリックしたという意識ですし、自社サイトであればGoogleやYahooの検索結果に表示された多くのリンク先の中の1つをクリックしたという意識です。 つまり、この時点では他社の商品との比較をユーザーは意識的・無意識におこなっていることになります。これではサイトないでの回遊は難しくなります。 ...

2014/10/07

ヤフーショッピング出店のメリットとリスク

ヤフーショッピングの出店・売上手数料無料化後、ヤフーショッピングに出店されるショップさんが非常に増えております。 ECコンサルをさせていただいている楽天のショップさんもヤフーショッピングも開始されるショップさんが多いです。 ただ、楽天で既に出店しており、ヤフーショッピングを開始する場合、メリットだけではないので、リスクなどに関してもしっかりと把握しておきましょう。   ・ヤフーショッピング出店のメリット メリットは、やはり売上の拡大です。店舗のジャンルや規模、施策内容にもよりますが、楽天の10-30%程度の売上になることが多いです。 売上が増加することで、仕入れや在庫...

2014/10/07

ECコンサルが教えるECサイトの転換率(CVR)の分析

ECサイトの売上を構成する要素として非常に重要なものの一つに転換率(CVR)があります。 今回はECコンサルが普段行っている転換率(CVR)の分析方法の一部に関して簡単に記載していきます。 転換率(CVR)が低い原因を明確にすることから ECコンサルをさせていただいていると、「転換率が低いので、サイトをもっときれいにしたいのですが?」などのご質問をいただくことが多いのですが、まずはしっかりと分析を行い、転換率(CVR)がなぜ低いのかを明確にしていく必要があります。また、すべてのページを一気に解決するのは困難ですので、優先度をつける必要があります。 まず、楽天やヤフーショッピングなど...

2014/10/07

楽天に出店すべきか、ヤフーショッピングに出店すべきか?

モールに出店する場合は楽天とヤフーショッピングのどちらからがいいのでしょうか。 もちろん一概には言えませんが、まずは楽天からの出店をおすすめします。   楽天から出店する理由1_市場規模の違い ヤフーショッピングの出店数は無料化から非常に伸びております。ただ、実際にショッピングサイトとして利用しているユーザーの数はまだまだ楽天の方が多いです。ショップのジャンルにもよりますが、私がみているECコンサルティングのショップに関してははヤフーショッピングの売上が楽天の10-30%程度くらいが多いです。 もちろん、ヤフーショッピングの方が売上が大きく出るカテゴリがないとは言えませ...

,

2014/09/28

楽天とヤフーショッピングのリピート施策

ECサイトのリピート手段は無数に存在しています。ここでは、その概要について記載をしていきます。 また、楽天やヤフーショッピングなどのモール系とそれ以外の自社サイトで分けて考える必要がありますので、今回はモール系に関してから記載します。   1. メルマガでのリピート リピート施策といえば、やはりメールマガジンです。ほかにもいろいろ施策がありますが、メルマガは非常に重要なリピートツールになります。 しかし、楽天ではメルマガ配信に1通1円がかかってしまいますので、ある程度ユーザーを絞って配信する必要があります。 楽天ではメルマガの送り先を購入した商品ごとに設定すること...

2014/04/20

ヤフーショッピングでの集客(3)

ヤフーショッピング内の広告とヤフーショッピング外広告に関しては過去に記載しました。 今回はヤフーショッピングSEOに関して記載していきます。 ヤフーショッピングでの集客(1) ヤフーショッピングでの集客(2)   ヤフーショッピングSEOとは? ヤフーショッピングSEOというのは、ヤフーショッピングでの検索結果への上位表示をさせることをいいます。 ヤフーショッピングの検索結果にて上位表示ができると、ヤフー検索自体の上にも検索結果が表示されることがあることから、楽天SEOと同様に非常に重要な施策です。   どのようにヤフーショッピングSEOを...

2014/04/20

ヤフーショッピングでの集客(2)

前回はヤフーショッピング内の広告、特にストアマッチなどのCPC広告に関して記載しました。 今回は、ヤフーショッピング外広告に関して記載していきます。   ヤフーショッピング外広告に関して まず、ヤフーショッピング外広告に関してです。 費用対効果の見極めが必要 楽天の集客の記事でも述べましたが、ヤフーショッピング外以外の検索エンジンやメディアへの掲載をすることで、広告の費用対効果が高くなることがあります。 たとえば、楽天内のCPC広告はカテゴリでのCPC(cost per click=1クリックあたりのコスト)10円~のものがあります。 これに比べて、Goo...

2014/04/20

ヤフーショッピングでの集客(1)_ヤフーショッピングCPC

ヤフーショッピングの集客方法は3つ まず、ヤフーショッピングでの集客は下記のように分類できます。 ・ヤフーショッピング内広告 ・ヤフーショッピング外広告(自社サイト広告と同様) ・ヤフーショッピングSEO   ヤフーショッピング内広告に関して 今回は、ヤフーショッピング内広告に関して記載していきます。 ヤフーショッピング内の広告は大きく下記4つが存在します。 (1)バナー広告 (2)キーワード連動型広告 (3)商品連動型広告 (4)メール広告 (1)バナー広告 3万円~7万円までがメインとなっており、ヤフーショッピング内の各所に定常的に...

2014/04/20

ECサイトの集客方法まとめ

今回は、ECサイトの集客方法の概要に関して記載していきます。 まずECサイトの集客方法を大まかに分類していきます。かなり多いですが、列挙すると下記くらい存在します。 それぞれの広告に関しては別の記事で記載しておりますので、ご確認ください。   自社サイト ・広告 (1)リスティング googleやyahooなどの検索エンジン向けの検索連動型広告です。   (2)アフィリエイト 成果報酬型の広告で、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)といわれる代理店を使用するのが一般的です。   (3)ドロップシッピ...

, ,

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報