ヤフーショッピングリピート

公開日:

楽天とヤフーショッピングのリピート施策

ECサイトのリピート手段は無数に存在しています。ここでは、その概要について記載をしていきます。
また、楽天やヤフーショッピングなどのモール系とそれ以外の自社サイトで分けて考える必要がありますので、今回はモール系に関してから記載します。

 

1. メルマガでのリピート

リピート施策といえば、やはりメールマガジンです。ほかにもいろいろ施策がありますが、メルマガは非常に重要なリピートツールになります。
しかし、楽天ではメルマガ配信に1通1円がかかってしまいますので、ある程度ユーザーを絞って配信する必要があります。

楽天ではメルマガの送り先を購入した商品ごとに設定することができますので、商品のジャンルごとにメルマガを打ち分けるなどすれば、非常に費用対効果は高いと考えられます。ヤフーショッピングではストアニュースレターというメルマガを無料で配信することができます。

2. クーポンでのリピート

商品購入時に、次回購入のクーポンをつけることで、次回の購入を促します。また、使用されなければ特にコストもかかりませんので、費用対効果は非常に高いです。課題になるのは、どのようにしっかり運用を行うかのところの整備だけですね。
3回同じ店で購入してくれれば、4回以上購入する可能性は非常にたかくなるといわれています。
商材のジャンルにもよりますが、初回購入で利益を見込まずに、リピート売上を狙っていくくらいの投資を行ってもい今もしれません。
ECコンサルを行っているECサイトさんで、クーポンで半年後にリピート率が3倍以上に伸びたところもありますので、しっかりと行えれば非常に効果的です。

3. ダイレクトメール(DM)でのリピート

購入したユーザーにダイレクトメール(DM)を後ほど送付するやり方です。
メルマガの開封率が10~30%といわれている中で、目にふれる確率は非常に高まりますので、認知には効果的です。
ただ、嫌がるお客様もいらっしゃいますので、許諾をしっかりととるなど、慎重に検討しましょう。

 

 

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報