楽天出店

公開日:

ECコンサルが教える楽天での商材選び

既にECサイトを運営されている方も、これからも出店される方も、仕入れる商品選びは売上を左右するためには非常に重要な要素です。
特にファッション系などの移り変わりの激しいものや協力な競合が多いカテゴリではより重要になってまいります。
ECコンサルをしているなかで、どのような商品を仕入れるべきかに関しても多くの質問を受け、のサポートも多数行っております。

商材の選び方は現在のECサイトの規模やかけられる広告費などによって変わってはきますが、基本的には「自社が勝てる市場で戦う」という原則は変わりません。
商材選びの際は、ECコンサルではこの勝てる市場を探して出すところに注力します。今回はその一部の要素に関して記載をしていきます。

市場規模の見極め

楽天でも自社のECサイトでもそうですが、検索結果からの売上が大きくなっておりますので、検索がどの程度されているのかというのが市場規模の判断と近くなります。そのため、市場でその商材が検索されるようなキーワードがどの程度検索されているのかというのが市場の見極めで被お嬢に重要になります。

市場での検索数を知るためには?
楽天での検索数は公開されていないですが、Googleのadwordsのアカウントを持っていると、管理画面の「運用ツール」のなかの「キーワードプランナー」を活用することで、Googleでの検索数は調べることが可能です。
これによって、狙うべきキーワードの検索ボリュームを調べてみましょう。

 

競合リサーチ

次に、市場規模がいくら大きくても強力な競合が多い市場では、苦戦を強いられてしまいます。
そのため、その市場で勝てる余地があるかを調べていきます。

楽天での検索結果の上位に出すためには楽天SEO記事のまとめでも記載したとおり、商品レビューの数が重要になります。
そのため、商品が検索されるようなキーワードにおいての他社のレビュー数を調べて、そのレビュー数を超えられるかどうかで判断します。

もちろん、「ワンピース」「Tシャツ」などの大きなキーワードでは他社のレビュー数はかなり多いことが想定されます。
その場合、複合後に落としていくことで勝てるキーワードを探し出しましょう。
複合語の市場規模の見極めもお忘れなく!

 

JSコンサルティングでは出店戦略などのECコンサルも行っております。

お気軽にお問い合わせください。

 

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報