楽天SEO

公開日:

楽天の検索結果で商品が圏外にいったときの対策

今まで楽天の検索結果に商品がひっかかっていたのに、突如として圏外に行ってしまうことがあります。これは楽天SEOに関して間違ったやり方をしていることが原因である可能性が高いです。
では、圏外に行ってしまった場合にどのように対策を行っていけばいいのでしょうか。

 

楽天SEOで商品が圏外に行く理由

理由はいくつかありますが、過去の経験から下記2つが多いと思います。

(1)商品名や商品説明文が不適切

GoogleやYahooでのSEOでもそうですが、テキストデータの中に不必要にキーワードを入れることで、スパムとしてみなされることがあります。
例えば、楽天の商品名やキャッチコピー内に、特定のキーワードを詰め込みすぎているケースがあります。

具体的に何文字だとNGだという基準はないですが、できれば注力キーワードは1つか多くても2つ。3つ以上盛り込むのはやめましょう。もちろん、注力しないキーワードに関しても盛り込みすぎは厳禁です。
商品名だけではなくキャッチコピーや商品説明文でも同様です。それぞれ3つ未満ということではなく、あくまでも不自然に詰め込みすぎることの内容にしましょう。

(2)急激なレビュー数増加や不正な可能性が高いレビュー増加

楽天SEOでは商品レビューを増加させる施策が非常に重要なことは依然記載しました。ただ、このレビュー増加方法を誤ると、スパム判定される可能性があります。
楽天の規約違反であるような自己でレビューを記載したりすることは論外ですが、不正と思われるようなレビューの増加ペースだったりすることで、スパムとみなされてしまう可能性があります。
通常の商品購入の速度をこえるような異常な増加に関しては注意をしましょう。もちろん、信頼性が低い業者に外注するなども注意が必要です。自社で行わなくてもその業者が行った施策が不適切で合った場合、スパム判定されていまいます。

また、1商品だけではなく、そのショップの商品すべてが楽天の検索結果にひっかからなくなることもありますので慎重に対策していきましょう。

商品が圏外に行った時の対策

楽天の検索結果圏外に商品がいってしまい、それがスパム判定されたときには、商品名や商品説明文が不適切な場合にはそれを修正すれば、数日から数週間で戻る可能性が高いです。ただ、不正を行っている場合などは戻ることが困難な可能性が高いです。
不正に関して、楽天側で目視でスパム判定している場合は担当の楽天コンサルに相談してみるのも1つですが、あまり戻ることは期待しない方がいいでしょう。戻る気配がない場合は、既にレビューがついている商品でも諦めて、新しく商品登録されることをお勧めいたします。

まとめると、楽天SEOの基本は抑えながらもユーザーにとって良くないと思われることはしないという本質的な軸を常に持つことが重要です。

 

 

 

JSコンサルティングではECコンサルサービスにてサイトの無料分析や楽天SEOサービスも行っております。
是非お気軽にお問い合わせください。

 

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報