楽天SEO

公開日:

楽天SEOにおけるペナルティの注意

楽天SEOを行う上で、最も気を付けなくてはいけないのは、商品自体がスパムとして楽天に見なされないようにすることです。場合によっては、ショップの全商品に影響がでることもありますので、スパムにならないように気を付けましょう。

商品がスパムとして楽天に判定されるとどうなるか、どのような時に楽天にスパム判定されるのか、楽天にペナルティを受けた可能性が高い場合どうするか、に関して記載していきます。

 

<2016年1月追記>———————

楽天SEOのロジック変更レビュー蓄積の施策に規制が入ったりしましたので、それらの情報を確認しましょう。

——————————————

 

・商品名などの施策がスパムとして楽天に判定されるとどうなるか

商品がスパム判定をされると、検索順位が一気に圏外に落ちてしまいます。レビュー数が数百ついていても、10ページ以内にすらでてこないということもあり得ます。
つまり、商品ページへのアクセス数がほぼに近い状態になります。
商品自体がなくなるわけではないので、ピンポイントに検索すればでますが、ビッグワードでの検索結果で数ページ以内に表示されるのは難しくなるでしょう。

 

・どのような時に楽天にスパム判定されるのか

基本的にはユーザーにって誤解をまねくようなこと、だますようなことをしなければ問題ないため、そこまで恐れる必要はありません。
「楽天SEO2 商品名の最適化(2)」でも述べましたが、下記2つをしっかりと守りましょう。

1. 関連ワードは関連性の強いもののみにする

「長財布」の商品に対して、「2つ折り財布」を探しているユーザーの検索にひっかるために「2つ折り財布」など関連性の低いキーワードをいれすぎない

 

2. ●●風など誤解を与える表現は排除する

「ヴィトン風」「4°C風」などユーザーに誤解を与える表現を入れない

 

・楽天にスパム判定された可能性が高い場合どうするか

スパム扱いされている可能性が高いと思われたときは、商品名を適切なものに修正したうえで、楽天の担当コンサルに伝えましょう。

確実な情報ではありませんが、担当が別の担当にスパムチェックをはずすように指示し、外してもらえることがあるようです。
とはいえ、悪質な場合は復帰困難な場合もありますので、まずはスパム扱いされないことをこころがけましょう。

 

楽天SEO

 

JSコンサルティングでは楽天SEOサービスも行っております。
是非お気軽にお問い合わせください。

 

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報