ネットショップ運営代行

公開日:

利益率を維持しつつ売上を上げるためのネットショップ運営代行活用

ネットショップでは、売上とコストが反比例するタイミングがある

ネットショップ運営時にかかるコストとしては、商品の仕入れ費用を除くと、
やはり人件費が大きな割合を占めるのではないでしょうか。

人件費は、社員を採用する場合などは、徐々にではなく階段的な上がり方をします。
売上がなだらかに上がる中、コストが階段的に上がることで、利益率が大きく
下がるタイミングが定点で発生しがちです。

そのため、なかなか採用に踏み切れず、既存人員で運営を続けるために、
攻める施策の実行が難しかったり、業務時間方になりがちです。

 

徐々にコスト増加をはかるために、運営代行サービスを活用

階段的なコストにならないためには、一部の時間や一部の業務分だけを新規の人手で対応できるようにする必要があり、その場合は大きく下記3つの手段があります。

(1)アルバイトや人材派遣サービス活用

社内に時間などを限定して人を入れることで、1名分未満の人件費での人手確保が
可能になります。
ただ、ネットショップの業務をしっかりと把握している人材の雇用はなかなか
難しく、育成の手間が多くかかるケースが見受けられます。
その場合、結果的に育成やマネジメントに既存人員のコストがかかってしまう
ため、一時的により業務を圧迫する可能性があります。

(2)ネットショップ運営代行サービス

運営代行サービスの場合、アルバイトを雇う場合などと比べて割高になるケースが多いですが、育成の手間がかからない、施策の考える部分から実行・検証までを
一貫して行えるなどのメリットが多く、結果的に費用対効果できると高くなる
ケースが多いです。
ネットショップの管理画面の使い方や販促方法は多岐にわたるため、プロに任せるのが安心だと考えます。

JSコンサルティングでは、ネットショップの運営代行サービスを行っております。
お気軽にお問い合わせください。

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報