amazon解析と戦略

公開日:

amazonの全品送料無料が終了。ネットショップへの影響は?

amazonの全品送料無料が終了

amazonがしれっと送料を上げたことが昨日から話題になっています。
ここ数年は基本的には送料無料でしたが、下記の条件に関して送料がかかるようになりました。

送料がかかる条件

・2000未満の商品
・書籍とギフト券以外
・プライム会員以外

かかる送料

通常配送:350円
お急ぎ便:360円
当日お急ぎ便:540円

 

amazon送料

 

amazonプライム会員数への影響は?

 

amazonプライム会員とは

amazonプライム会員は、お急ぎ便・お届け日時指定便が使い放題であったり、100万曲以上が聴き放題のプライムミュージック、映画もTV番組も見放題のプライム・ビデオ、などが年間3900円で使い放題のサービスです。

今回の値上げにより、プライム会員の増加がおこる?

プライム会員であれば送料無料が引き続き使えるため、プライム会員の数は確実に増えると想定されます。
楽天、Yahooショッピングなど他モールにおいても基本的には送料がかかるため、売上額の低下はおきえますが、他モールへの流出もそこまで起きないのではないでしょうか。

プライム会員の年会費の値上がり想定

日本でのamazonプライムの年会費は3900円ですが、アメリカでは50ドルからスタートし、既に100ドルと1万円近くまで増加しています。
圧倒的に得な状況や会員になるメリット・ならないデメリットをつくり出し、プライム会員数を増加、その後値上げするものの、慣れており得なサービスなので抜けづらく、結果的にamazonの総利益が増加するといったきれいな流れが日本でも起きることが想定されます。

 

プライム会員増加によるネットショップ事業者への影響は?

では、ネットショップにおいて、これらの背景はどのような影響が想定されるのでしょうか。

 

amazonプライムでないと売れずらくくなる

既に起きていることですが、amazonプライムの商品は検索結果上位にでやすく、売上が出やすい構造になっております。今後もよりこのような状況は促進されるでしょう。

amazonプライム適応のためにはFBAが必須に?

ネットショップの販売する商品ががamaznプライム対象になるには、amazonのフルフィルメントサービス、FBA(フルフィルメント by Amazon)を使う必要があります。
つまり、amazonにおいて売上を上げていく場合、FBAの利用がより重要になってくると想定されます。
まだ活用されていないネットショップ事業者さんは試してみてはいかがでしょうか。

 
JSコンサルティングではECコンサルサービスにてamazonの売上増加サポートも行っております。お気軽にお問い合わせください。

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報