自社ECサイト広告

公開日:

ECコンサルがオススメするfacebook広告のコンバージョン測定

Facebook広告はFacebookのもつ大量のユーザ、トラフィックに対して広告をうて、使い方次第で、ECサイトの集客に効果があるもので、利用されているショップも多いと思います。

とはいえ、ECコンサルで入らさせていただいているクライアント様で有効活用しきれていないケースが多く、ECサイトにおいて活用方法がいまいちつかみきれていない。プラットフォームであるともいえます。

 

今回はFacebook広告を効果的に利用すためにFacebookが提供するFacebook広告の効果測定ツール「Facebookピクセル」についてご紹介します。

 

Facebookピクセルで何ができるか

Facebookピクセルを利用するとFacebook広告のコンバージョン測定ができるようになります。
例えばFacebook広告を見た人がその後に行ったアクションを、複数のデバイス(携帯、タブレット、PC)を横断的にトラッキングすることができます。

FacebookではFacebookピクセルのメリットとして以下をあげています。

・広告の最適化

Facebookピクセルと【ウェブサイトコンバージョンの最適化】入札オプションを組み合わせることで、広告を自動的にコンバージョンの可能性が高い利用者に表示できます。

・効果測定

広告が生み出したコンバージョン数を測定することで、広告費回収率を算出できます。
これでコンバージョン1件を得るのに広告費がいくらかかったのかが把握でき、結果に応じて細かなチューニングが行えるようになります。

Facebookピクセル作成方法

それではピクセルの作成方法を説明します。

1.Facebookピクセルのページから「ピクセルを作成」をクリック

p01

2.「ピクセル名」を入力して「ピクセルを作成」をクリック
ピクセル名は作成後のピクセルの管理時に利用します。

p02

3.「ピクセルをインストールする」をクリック
Facebookピクセルの作成が完了したのでコードを取得して、サイトにインストールします。

p03

4.ピクセルコードを取得して、計測するサイトに設定します。
以下画像の赤枠内の「ピクセルコード」をコピーして、計測するサイトに貼り付けます。
貼り付ける位置はの間に貼り付けます。
特定のアクションをトラッキングしたい場合は「コンバージョントラッキングタグ」を別途設定する必要があります。
設定後に「次へ」をクリック

p04

5.作成完了
これで作成は完了です。

p05

6.管理画面を確認
作成が完了すると管理画面からピクセルの編集や、計測データの確認ができるようになります。

fb

まとめ

Facebook広告のコンバージョン計測を行うためにFacebookピクセルの設定方法についてご紹介しました。

Facebook広告はFacebookの持つユーザ情報を利用したセグメントを分けた配信ができたり、効果的に利用していきたいところです。

 

ECコンサル_facebook

 

JSコンサルティングのECコンサルでは今回ご紹介したFacebookピクセルを利用してコンバージョン計測により効果的な集客を進めるサポートも行っています。
お気軽にお問い合わせください。

 

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報