楽天集客

公開日:

ECコンサルが教える楽天で最低限やっておきたいプロモーション

楽天を出店して間もなくの方やこれから出店される方だと、そもそも
どういう種類のプロモーションがあり、どれが費用対効果が高く、
どれが自社にあっているのかが分からないのではないでしょうか。
今回は出店したてであってもなくても、押さえておきたいプロモーションに関して
ECコンサルが教えます。

(1)スーパーセール活用施策

楽天では楽天スーパーセールというイベントが3ヶ月に1回あります。
このイベントでは、楽天側で広告を打ったりポイントをばらまいたりと
大きな販促を行ってくれるため、売上がでやすい土台ができます。
このイベント期間中や期間後に売上を大幅に出すためには
様々な手段がありますが、スーパーセールサーチには最低限エントリーし、
出しておきたいところです。

スーパーセールサーチに関しては以前記載した記事、
ECコンサルが教える楽天スーパーセールで売り上げを伸ばす施策」を
ご覧ください。

(2)楽天CPC(サーチワード)広告施策

楽天の中には様々な広告が存在しますが、まず広告を行う場合に
検討したいものが、この楽天CPC(サーチワード)広告です。
楽天の検索に表示される広告で、検索に連動しているため、
転換率(CVR)が比較的高くなりやすいです。もちろん、実施前に
費用対効果に関してのシミュレーションをしっかりと行いましょう。

楽天CPCに関しては「楽天サーチワード広告とCPC広告の違いと活用法」を
ご覧ください。

(3)商品名・キャッチコピーチューニング施策

楽天で新規のお客さんを獲得するアクセス経路として重要なのは、
楽天検索結果での上位表示による流入です。多くの購入モチベーションが高いユーザーに
来てほしいキーワードでまずは検索に引っかかるようにし、
さらに上位表示施策を行っていきます。(これを楽天SEOとして言います。)
楽天SEOにはいくつかの施策を同時に仕掛けていく必要がありますが、
その中の1つの要素が、商品名やキャッチコピーの修正です。
適切な商品名にすることで、楽天検索結果経由のアクセス数増加を図りましょう。

商品名のチューニングに関しては「楽天SEOにおける商品名の最適化(1)」を
ご覧ください。

(4)配布型クーポン施策

楽天ないのクーポンは大きくは2種類存在し、その場で使える配布型クーポンと
次回使えるサンキュークーポンです。まずは売上が大きく出ていない場合、
サンキュークーポンの効果は薄いため、配布型クーポンからしかけられることを
お勧めいたします。
配布型クーポンはその場で使える値引きや送料無料が可能なクーポンです。
これにより、転換率(CVR)を高めて売り上げの山を作っていきます。

楽天のクーポンに関しては「楽天の配布型クーポン活用方法」を
ご覧ください。

JSコンサルティングでは出店したての店舗様のECコンサルもおこなっております。お気軽にお問合せください。

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報