自社ECサイト広告

公開日:

ECサイトの広告

ECサイトの広告の種類は非常に多くあります。まず、主要な広告の一部をまとめてみます。

ECコンサルティングでみている店舗さんも広告を全く出されてないところから、ありとあらゆるものまで試されるところまでいろいろです。

ECサイトの広告の種類

自社にあったやり方を考えてきましょう!
(いわゆるMECEではないものもありますが、そのまま記載します。)

(1)リスティング広告
(2)アフィリエイト広告
(3)ECサイトのフェイスブック広告
(4)ドロップシッピング
(5)モール内広告
(6)ディスプレイ広告
(7)リターゲティング広告

これらは「費用対効果」と「ボリューム」、「リスク」などの観点から広告を評価し、現状のショップのフェーズに合わせて選択していきましょう。

 

広告の費用対効果とボリューム

それぞれの広告に関して、「費用対効果」と「ボリューム」のイメージを簡単にまとめてみました。もちろん、どのような商品やショップの広告を出すのかによって、費用対効果などの判断は変わってきますので、あくまでもイメージとして見ていただければと思います。

 

広告の費用対効果
一般的には、下記の順で試していくケースが多いようです。

1. リスティング広告
2. アフィリエイト広告
3. ディスプレイ広告+リターゲティング広告
4. 他

また、美容健康、コスメなど単品通販系の場合はアフィリエイト広告が主流です。

 

JSコンサルティングのECコンサルサービスでは、集客施策のサポートもさせていただいております。

お気軽にお問い合わせください。

 

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報