ネットショップ運営代行

公開日:

ECサイト運営代行とメリットとデメリット

ネットショップ運営を出店を行う上で、領域は様々ですが、ECサイト運営代行
サービスは皆さん一度は検討されるのではないでしょうか。
今回は、JSコンサルティングでもサービス展開している、ECサイトの運営代行
メリットとデメリットに関してです。

ECサイトの運営代行サービスとは?

ECサイトの運営をする場合、様々な業務が発生します。商品の仕入れから撮影、
ページのデザインや登録、商品の保管から梱包・発送、ユーザー対応と非常に
多岐にわたり、これらの「運用業務」に加え、分析や企画、広告運用やSEOなど
の攻める業務までといろいろです。これらの一部またはすべてを代行してくれる
サービスがECサイトの運営代行サービスです。どこまで運営代行を行っている
のかは企業によってさまざまですので、自社のニーズに合わせて最適な企業・
サービスを探しましょう。

ECサイト運営代行のメリット

メリットは大きく2つあると考えられます。

(1)採用や育成コストの削減

売上が一定規模になるまでは、1名で企画から商品の仕入れや登録などが可能
ですが、売上規模が一定以上になると、当然人手が足りなくなってきます。
このタイミングで、採用をするべきか、外注するのかという選択肢ができますが、
ECサイト運営経験がある人の採用はなかなか難しいケースが多く、経験のない人を
採用して育成するのにも多くの時間を要します。運営代行サービスを活用する
ことで、これらの時間やコストを大幅に削減することが可能です。

(2)ノウハウの中で、売上が上がるような運営の実現

ECサイトの運営の中には専門的な知識があるかないかで、売上が大きく変わって
くる業務が多数存在します。たとえば、商品のバナーを制作するとき、商品名を
つけるときなど、作り方をかけるだけでアクセスやCVRに影響を及ぼします。
運営代行サービスに委託することで、ノウハウが現状なくても、ノウハウがある
運用を行うことが可能になります。

ECサイト運営代行のデメリット

デメリットは大きく2つあると考えられます。

(1)ノウハウが社内にたまりづらい

外部に委託してしまうことで、細かいノウハウが社内にたまりづらくはなります。
もちろん、どのように運営を行ってるかをしっかりと見て、聞け場問題が内の
ですが、日々の業務に追われる中で、限界があるでしょう。

(2)自社での運用体制への切り替えが難しい

売上規模が大きくなるごとに、自社の運用に切りかえようとしたときに、
切り替えハードルが高くなります。段階的な移行ができる企業も少ないため、
引き続きをする場合は体制の整備と多くの時間やコストがかかることは想定して
おきましょう。

自社の体制や今後の計画に合わせて、バランスよく外注を使っていくことを
おすすめいたします。

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報