EC市場動向の記事一覧

2014/11/25

楽天が米イーベイツを10億ドルで買収 米国での事業拡大

楽天は2014年9月9日に、米国のイーベイツ社を同年10月中に約10億ドルで買収すると発表しました。イーベイツ社は会員制のアフィリエイトモールを展開しています。同年8月には米国のスライス社も買収していて、米国での事業拡大に力を入れています。スライス社はECサイトからのメールを解析して購入履歴を集約するサービスを提供しています。 イーベイツは会員制アフィリエイトモールの先駆者で1999年に設立されました。「Ebate.com」で買い物をすると利用者には、クーポンの配布や3~6%のキャッシュバックをしていました。ECサイト以外にも、クーポンサイトや旅行代理店サイトとも提携していて、アクティブ...

2014/11/25

下着通販サイトのファンジェリーがAR導入でカタログから動画を配信

株式会社ファンジェリーは2014年10月、ARを活用した動画配信を通じて、カタログからECに誘導する取り組みを始めました。専用のアプリを利用したもので、ユーザーがカタログ載っている商品にアプリをかざすと動画を閲覧できて、ECサイトでも購入ができるというものです。カタログのみだと画像だけのイメージとなるので、動画でさらに商品の魅力を伝えます。ARとは、現実で人の知覚に与えられる情報をコンピュータによって、拡張する技術の総称です。 ファンジェリーのサービスを利用するには、ユーザーは「APP Store」か「Google Play」からアプリをダウンロードする必要があります。また、ARの活用を...

2014/11/23

「宅麺」で有名なグルメイノベーションがセレクト型ラーメン店を海外に開設

グルメイノベーション株式会社は2014年11月5日に、国内の人気ラーメンを集めたセレクト型ラーメン店をシンガポールで2号店をオープンしました。同年11月4日に1号店目をオープンしていて、シンガポールで10店舗まで拡大する予定です。1店舗あたりの月商は1500万円を目指しています。シンガポールの1、2号号店の名称は「TAKUMEN」といいます。 グルメイノベーションは通販サイト「宅麺.com」を運営していて、人気ラーメン店のラーメン・つけ麺を自宅で取り寄せることができます。「宅麺.com」で培ったノウハウを生かして、海外進出を目指している日本の有名ラーメン店に対して支援する店舗として展開し...

2014/11/23

日本トイザらスがクレジットカード情報を登録すると2クリックで購入できる機能を拡充

日本トイザらスはクレジットカード情報を登録したユーザーに対して2クリックで購入手続きが完了できる機能を新たに開始し、通販・ECサイトでのサービス充実を進めています。以前までは、ネットショッピングだとポイントは貯めることしかできませんでしたが、ネットショッピングでもポイントの利用が可能になりました。トイザらスは2014年7月に通販サイトをリニューアルしていて、オンラインと実店舗で隔たりのないショッピングができるようオムニチャネル戦略を強化しています。 10月31日に2クリックで商品手続きができる「クイック購入」やポイントシステムの改正、商品レビューの掲載機能を追加しています。 「クイック...

2014/11/23

株式会社クルーズがCtoCのフリマアプリを提供開始 自社サービスとのサイクル作り

クルーズ株式会社は、CtoCのフリマアプリ市場に参入します。フリマアプリ「Dealing(ディーリング)」のAndroid版をリリースしていて、iOS版もプラットフォームによる審査完了後に提供を開始します。クルーズはアパレルECサイト「SHOPLIST.com by CROOZ」を運営していて、こちらのユーザーが使用しなくなった商品を消費者同士で販売できるようなサービスを整えていく方針です。「Dealing」ではファッションアイテムだけではなく、ブランド品や電化製品、日用品、雑貨など様々なカテゴリーの商品に対応しています。ユーザーニーズである「使わなくなった物を売りたい」「欲しかった物をお得に...

2014/11/23

海外のセレクトショップが集まるECサイトが日本市場に進出 Farfetch

海外セレクトショップを300店以上集めているファッションECサイト「Farfetch」が日本語対応した形で日本市場に進出しました。日本法人も2014年8月に設立していて、物流業務やカスタマーの人材募集も開始しています。「Farfetch」はイギリス発の外資企業で、2008年からサービスを開始し、オンライン向けのファッションセレクトショップを運営しています。直近の売上高は前年比100%増となっていて凄まじい成長をしています。現在はロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンパウロなどにオフィスを拡大しています。世界中のセレクトショップと提携して、ECで世界中の消費者に1000以上の海外ブランドを販...

2014/11/23

三陽商会がスタッフの着こなしを紹介するコンテンツをECに導入

ファッションアパレル企業の三陽商会は2014年10月29日からブランドスタッフがオススメするコーディネートを投稿できるシステムを導入して、顧客とコミュニケーションができるようになりました。商品の情報を発信して消費者とブランドがやり取りできる機会を増やしていく方針です。近年の消費行動向けに「24時間365日」「好きな時に好きな場所で」「好きな端末で」というふうに対応しています。 導入したサービスの名称は「Snapline(スナップライン)」といい、ダイアモンドヘッドが提供しています。スマートフォンの専用アプリでスタッフがダウンロードし、商品情報を撮影します。商品登録時にJANコードをスキャ...

2014/11/22

アマゾンがローソン、ファミリーマートに続きミニストップでも店舗受け取りが可能に

2014年11月20日にアマゾンジャパンは、全国に2127店舗あるミニストップで「Amazon.co.jp」で購入した商品を、コンビニ店頭で受け取りと代金を支払えるサービスを開始しました。サービスの名称は「店頭受取」で、既にアマゾンはローソンとファミリーマートで「店頭受取」を展開しています。今回ミニストップを加え、さらにユーザーの利便性を高めます。ミニストップで商品を受け取りたい場合は、商品を注文する際に、受け取り方法として「ミニストップ店舗」を選択した後に希望する店舗を指定する形になります。 商品を受け取り可能になった時点でメールが届くので、そこに記載されている「お問い合わせ番号」「認...

2014/11/22

スマートフォン・タブレット、PCでのネットショッピング利用率の調査 MMD研究所

MMD研究所は「2014年ネットショッピングに関する利用実態調査」を実施し、2014年11月18日に結果が公開されました。調査期間は2014年11月11日~同年11月12日で、20歳から59歳のスマートフォン保有者565人が対象です。スマートフォン・タブレット、パソコンでのショッピングについて調査し、スマートフォンによるネットショッピングは2012年と比べると8.3ポイント増加していて、54.2%の消費者が利用していることがわかりました。 スマートフォンを使用したネットショッピングは、年々増加傾向にあります。タブレットからのネットショッピングも増加していて、2012年は10.7%でしたが...

2014/11/22

健康食品を取り扱うEC企業に対して「優良誤認」「有利誤認」で表示改正指示 東京都

2014年11月18日に東京都は、ネットのショッピングモールで通販サイトを運営している2社に対して、不当景品類及び不当表示防止法に基づき改善を要請しました。トータルプロデューススパイスとトップギアの2社は健康食品や美容関連の商品でダイエット効果や美肌効果などで不当な表示を行っていました。 トータルプロデュースデパイスが指摘された点は優良誤認と有利誤認で、簡単に痩せることができるように見せかけていたことが優良誤認に当り、根拠のない通常価格という表示をしてお得感を出していたのが有利誤認に当たります。具体的にはビッダーズで運営されていて「ダイエットand美人・5000円で送料無料!!」という表...

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報