EC市場動向

公開日:

下着通販・ECの白鳩が海外事業に注力 シンガポールや中国に出店

2014年9月3日に株式会社白鳩は、ジオスグループが運営しているシンガポールの通販・ECモール「Qoo10 – Singapore」に出店しました。他にも楽天が運営しているシンガポールの「Rakuten.com.sg」に出店しています。白鳩は下着のECを手掛けていて、成長戦略として事業をグローバル展開し、海外販売に力を入れています。

2014年2月にグローバルサイトを開設していて、2013年7月に中国のショッピングモール「天猫国際」、2012年10月に楽天がインドネシアに展開している「RakutenBELANJA ONLINE」に出店しています。

今後は中国進出に力を入れる方針で、現地法人を設立するために、上場時に調達した資金から2000万円を当てる考えです。中国人を正社員として採用するなど、海外事業戦略を拡大しています。白鳩は1974年に設立され、1995年に通販を開始し、カタログ通販からネット通販に転換しつつ店舗も展開しています。主力商品はSKU単位で商品管理がなので、商品管理や顧客データなどに重荷を置いた経営や自社開発の通販システムを導入してきました。ジオスグループは日本のほかでは、中国、インドネシア、マレーシアなどで事業展開していて、eBayとのジョイントベンチャーで、シンガポールに本社を設立します。

今後各ECサイトが一部のモールに出店するとボタン1つで海外向けに販売でき、多くの売上につながる時代が来るかもしれません。日本製品の強みを持っているジャンルはそのタイミングで大きく伸びるのではないでしょうか。

JSコンサルティングではECコンサルサービスにて無料で戦略策定いたします。海外での販売をお考えの場合なども、お気軽にお問い合わせください。

 

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報