EC市場動向

公開日:

スマートフォンでネット通販を利用するユーザーが大幅に増加 PCでは減少傾向

消費者視聴行動の分析情報を提供するニールセン株式会社が2014年10月21日に発表したレポート「Life with Mobile」によると、スマートフォンでインターネットを利用するユーザーは2014年4月の時点で4000万人を超えたことがわかりました。また、ネット通販の利用に関してはパソコンを上回ったとしています。

調査の結果、2013年4月~2014年4月の間でパソコンでのインターネット利用者は522万人減り、約5200万人になったのに対して、スマートフォンでのインターネット利用者は同期間で1170万人増加し、4000万人を超えました。スマートフォンが10~20歳代の利用者が多いですが、50歳代も保有者が2倍となりました。また、ニールセンが独自に作成したカテゴリ別に分けると、eコマース、旅行などを含めた半数以上のカテゴリでスマートフォンからの利用者がPCを超えました。

今回の調査は、ニールセン株式会社のスマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetViewのデータソースを活用して、2013年4月から2014年4月までのスマートフォンの利用状況をまとめたとしています。

ニールセン株式会社では、「インターネットへの入り口がスマホに移行し始めていると言ってよい状況だと考える。マーケティング担当者がさまざまな施策を考える上で、スマホファーストが必須の考え方になっていることを表しているのではないか」としています。

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報