EC市場動向

公開日:

株式会社tab 松屋銀座などで店頭にない商品を取り寄せ・試着できるサービスを開始

株式会社tabは2014年11月6日に、店頭にはないECサイト内の商品の取り寄せや試着、購入ができるショッピングモールを創設します。消費者が通販・ECサイトで商品を購入したときにイメージと大きく違ったなどないように、実店舗で商品を見ることができるモバイルウェアサービスです。サービス名称は「tabモール」で、松屋銀座と千趣会の出店が決まってます。

株式会社tabは位置情報共有サービス「tab」を提供しており、場所や店舗などをクリッピングできる「tab」のショッピング版として「tabモール」を創設し、消費者を実店舗へ誘導する新しいで手立てとして、ビジネスモデルの構築を目指しています。商品を店頭に置ききれないなどで、在庫を抱えたりする場合は、通販・ECの在庫を活用することで擬似的に取り扱い商品を増やすことができます。ネット通販での人気商品も探れてニーズの高い商品の購入につなげることも期待できます。

ユーザーは「tabモール」で試着する商品を予約し、店舗を指定します。次に倉庫や取引先などから商品が店舗に届き、ユーザーが来店したときに試着できるようになります。また、決済は「tabモール」で行い、終了したことが確認できると店舗側の売上に計上できます。手数料を差し引いた金額が後日入金されます。

サービスを導入する松屋銀座では、店舗で扱っていないブランドを含め約2万点の婦人靴を取り寄せることができます。2015年春までには渋谷、新宿、池袋など都心部を中心にサービスエリアを拡大します。また、1年以内には全国エリアにも拡大する予定です。

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報