EC市場動向

公開日:

買い物前に商品や店舗情報を約56%がスマホで調査 クーポンや値段確認など 

スカイライトコンサルティング株式会社とその子会社のシンクエージェントが共同で、消費者が店舗で買い物をする際にスマートフォンをどのように利用しているか調査を実施しました。年代や地域で違いがあると思われましたが、それを問わず定着していることがわかりました。

買い物をする前に商品や店舗の情報を確認した経験のある人は全体の56.8%で、小さい子供を持つ既婚女性の71.9%が事前に確認しています。全体の43.2%は事前にスマートフォンで何も確認しないと回答しました。買い物中に確認したことがある人は全体の51.8%で、買い物後に情報を確認する人は全体の24.4%でした。

来店前に何を確認したかという調査では、「商業施設や店の場所・営業時間を確認する」(42.4%)、「使えそうなクーポンやセール情報を探す」(32.2%)、「商業施設のフロアマップやテナント情報をみる」(26.6%)といった順番で比率が多いです。また、ファッションが好きな人と家電が好きな人で、オムニチャネルの行動が異なることもわかりました。ファッション好きな人は店舗の営業時間の確認が51.2%と半数を超えていて、フロアマップなどの事前チェックも41.0%でした。家電好きな人の48.8%が店頭で見た商品の最安値や相場価格を調べた経験があるそうです。

スカイライトコンサルティング株式会社は、「ファッション好きな人は来店前にスマートフォンで確認する比率が多いのに対して、家電好きな人は来店中に最もスマートフォンを使用している。」とまとめています。

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報