EC市場動向

公開日:

健康食品を取り扱うEC企業に対して「優良誤認」「有利誤認」で表示改正指示 東京都

2014年11月18日に東京都は、ネットのショッピングモールで通販サイトを運営している2社に対して、不当景品類及び不当表示防止法に基づき改善を要請しました。トータルプロデューススパイスとトップギアの2社は健康食品や美容関連の商品でダイエット効果や美肌効果などで不当な表示を行っていました。

トータルプロデュースデパイスが指摘された点は優良誤認と有利誤認で、簡単に痩せることができるように見せかけていたことが優良誤認に当り、根拠のない通常価格という表示をしてお得感を出していたのが有利誤認に当たります。具体的にはビッダーズで運営されていて「ダイエットand美人・5000円で送料無料!!」という表記と「漢宝琥珀痩茶」など6商品が対象です。

トップギアが指摘された点も優良誤認と有利誤認で、簡単に美肌効果が得られるような表記が優良誤認、「定価」と表示されていた商品が根拠のない価格を表示していて、実際よりお得感があるように見せていたのが有利誤認に当たります。ビッダーズで運営されていて「厳選商品が激安・ジュリエッタ」と表記、対象商品は「ブラシーマディー」など5商品あります。

改善の支持内容は、上記の「優良誤認」と「有利誤認」に当たる表示についてで、消費者に対して誤認を与えていたものであったと公示することと、今後ないように防止措置と社内での周知徹底などがあります。同時にモール運営事業者や関係事業団体にも、景品表示法や関係法令が守られるように、広告や表示を適正化を強化すること、客観的事実を確認した上で表示できるような施策を取り組むことを要請しました。

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報