自社ECサイト広告

公開日:

ヤフーで特定カテゴリーに興味や関心を持つユーザーのみの表示できる広告の出稿が可能に

2014年11月19日にヤフーは、「Yahoo! ショッピング」でインタレストカテゴリターゲティング広告をジャンル毎に表示できるようにしました。同年8月から「Yahoo! ショッピング」の出店者向けに「Yahoo! プロモーション広告」をカスタマイズして展開しています。今回の広告サービスは機能の追加として提供していて、より関心のあるユーザーに広告が表示されるようにして、サービス価値を高めていきます。

ジャンル毎というのは、「Yahoo! ショッピング」の大カテゴリー構造を基準にして分類しています。「家電」ジャンルのショップが広告を出した場合、過去に家電ジャンルのサイトを閲覧したことがあるなど、見込みのあるユーザーに対して広告を配信できるようになっています。今後はより細かい分類にして、広告効果を高めるような施策をしていくと考えています。このような広告を出稿するには、設定も細かくする必要があるため、現在モールの広告に慣れているショップは正確に扱えないとしているので、簡単な設定で広告を出稿できる仕組みに整えていく方針です。

インタレストカテゴリターゲティングは、特定の興味や関心を持っているインターネットユーザーに広告を配信する仕組みで、広告主はカテゴリーを選択するだけです。検索履歴などから興味があると判断されたユーザーに対して広告が表示されるシステムです。

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報