EC市場動向

公開日:

アマゾンがローソン、ファミリーマートに続きミニストップでも店舗受け取りが可能に

2014年11月20日にアマゾンジャパンは、全国に2127店舗あるミニストップで「Amazon.co.jp」で購入した商品を、コンビニ店頭で受け取りと代金を支払えるサービスを開始しました。サービスの名称は「店頭受取」で、既にアマゾンはローソンとファミリーマートで「店頭受取」を展開しています。今回ミニストップを加え、さらにユーザーの利便性を高めます。ミニストップで商品を受け取りたい場合は、商品を注文する際に、受け取り方法として「ミニストップ店舗」を選択した後に希望する店舗を指定する形になります。

商品を受け取り可能になった時点でメールが届くので、そこに記載されている「お問い合わせ番号」「認証番号」を、店内に設置されているマルチメディア端末「MINISTOP Loppi」に入力します。入力すると「コンビニ受取サービス商品引換票」が出力されるので、レジに提示すると商品を受け取ることが可能です。

商品はいつまでもコンビニに取り置けるわけではなく、到着してから10日以内に受け取る必要があります。注文してから最短で翌日に受け取ることが可能です。アマゾンは店頭との連携を強めていて、ヤマト運輸の営業所での受け取りサービスも開始しています。ローソンでは店舗からAmazon.co.jpの商品を注文できるなどオムニチャネルも強化しています。

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報