EC市場動向

公開日:

オートバックスセブンが中国のECサイトで富裕層向けに国産カー用品を販売

2014年10月8日から株式会社オートバックスセブンは、中国に向けて通販・ECを始めます。所得の高い中国の自動車ユーザーに対して、品質が良く安全性の高い日本製カー用品を販売します。中国の電子商取引最大手のアリババグループが運営している「天猫国際Tモール・グローバル」に出店し、店舗の名称は「澳德巴克斯(オートバックス)天猫国際海外旗艦店」とします。取り扱う商品は自動車用インテリア商品やチャイルドシート、ルームミラー、日本製の芳香消臭剤、空気洗浄脱臭気などの機能商品です。中国市場の外国向けマーケティング支援の「株式会社ルイスマーケティング」に業務委託し、サイトの運営などを任せています。

「Tモール・グローバル」は中国の富裕層が多く利用しており、安全性や品質を重視しています。2013年秋に開始し、中国内の個人輸入サイトの先駆けとなっています。「澳德巴克斯(オートバックス)天猫国際海外旗艦店」は日本のブランド商品を中国全土に発信していきます。
オートバックスセブンは2014年3月期のEC売上高は13億6000万円でと前期比59.0%増となっています。また、ネット通販に重荷を置いていて2018年3月期までにはEC売上高100億円の目標を掲げていて、中期経営計画を立てています。

中国において日本製品ブランドはやはり強く、今後は日本の各EC企業も中国進出強化をしていと考えられます。

とはいえ、国の規制や文化の違いなどに苦戦することは見えておりますので、かなり時間はかかるのではないでしょうか。

 

 

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報