EC市場動向

公開日:

サイバーエージェントの調査によると6割の女性がソーシャルメディアの投稿の影響受ける

2014年9月29日にサイバーエージェントは、20歳~30歳代の一般女性500人を対象に自社サービスの女性ソーシャルユーザーのネットワーク「Ameba Meister」でソーシャルメディアで実態調査を実施しました。発表した調査結果によると、ソーシャルメディア上の投稿を見ることによって、興味や関心が高まるユーザーは60%を超えていました。

61%のユーザーが「ソーシャルメディア上の投稿を見て、企業・店舗の商品やサービスに対する興味・関心が高まったことはありますか?」という質問に「ある」と回答していて、「具体的に興味・関心が高まるきっかけとなったソーシャルメディア」では59%で「ブログ」が1位でした。2位がFacebook」の55%、3位が「Twitter」の35%と続きました。一つのソーシャルメディアだけでなく、複数から影響を受けている女性も多く、「ブログ」と回答した人では、58%の人が他のソーシャルメディアからも影響を受けています。

「単一でのソーシャルメディアではなく、複数あることによって消費行動に影響をおよぼしている様子がうかがえる」とサイバーエージェントは指摘しています。

「普段、ソーシャルメディアを閲覧することはありますか?」の設問には、「よくある」が54%、「たまにある」が30%と全体の8割を超える女性が、ソーシャルメディアを普段から閲覧することがわかりました。
「閲覧することが多いソーシャルメディア」では、トップが「Facebook」の63%、「ブログ」が60%、「Twitter」が44%になりました。
他にも「Instagram」と「Google+」がそれぞれ19%、6%と続きました。

とはいえ、facebookなどのソーシャルメディアをうまく活用し、売上を上げているECサイトはごく一部です。

ある程度手間もかかりますので、ユーザーの属性などによりソーシャルメディアの活用の優先度などを自社の戦略にあわせつつ活用検討しましょう。

 

JSコンサルティングではECコンサルサービスにて無料で戦略策定を行っております。お気軽にお問い合わせください。

 

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

JSコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

セミナー情報